育児や介護がしやすい環境を

出産後の復職が難しい要因

女性にとって、妊娠は人生の中でも最大級の重大イベントです。しかし、仕事をしているのであれば、退職や長期間の休職をしなければならない場合もあります。そして、育児を終えた後に復職をしようとしても、なかなか難しいのが現状です。出産後の復職は、どうして難しくなっているのでしょうか。
まず、子供を産んだらそれで終わりというわけではありません。育児をしなければならないからです。かつてのように、子供を安心して預けられる両親と同居をしているケースは少なくなりました。核家族化が進んでしまい、自分たちだけで育てなければならないからです。特に、フルタイムで働いている場合は難しいでしょう。その場合は保育園に預ける手段が考えられますが、これが復職を難しくしている要因の1つとなっています。保育園に空きが無いのです。待機児童の問題は社会問題化されており、対策は進んでいないのが現状です。出産後の復職を難しくしている要因は、他にも企業側の問題が挙げられます。子供を産んでから復職をさせられるような企業は、まだまだ少ないからです。保育園や託児所が完備されているのであれば問題ありませんが、そのような企業はほんの一部しかありません。さらに、企業側は独身の時と同じような労働条件を求めています。しかし、それは子供が生まれた現状では難しいのが事実です。育児休暇があるといっても、職場の雰囲気がそれをさせないのであれば無理な話でしょう。
このような問題については、子供がいても仕事ができる環境を作るという対策が必要となります。保育園や家族に助けてもらい、理解を得ることが重要です。さらに、子供のために仕事を休めない事態も発生する可能性があるというのは、頭にいれておかなくてはなりません。このようなことに注意をしながら、職場復帰を目指しましょう。